logo    
   
 
    買物カゴ
 
line
line
top page | お知らせ | とりくみ | 購入ガイド | 販売価格 | よくある問合せ | 特商法表記 | contact us | サイトマップ
line
line
curved_line   

メシマコブmain





  ■天然メシマコブとは ...

メシマコブは学名を Phellinus Linteus (フェリナス・リンテウス)といい、野生のものは日本や
東南アジアなどに広く分布します。 しかし野生のものは、高地の100年を超える桑の枯木に
自生し、採取するためには長い年月(30年ほど)成長を待たなければならず、その成長も湿
度・温度・光などの諸条件が整うことが必要であり、天然のものは非常に珍しく貴重であり、
さらに過去に乱獲されたこともあり現在では絶滅状態といわれています。 それ故、長い間
製品化されることはありませんでした。
    
メシマコブの類似種は (Phellinus gilvus) (Phellinus ignarius) (Phellinus robustus) (Phellinus nigricans) (Phellinus pini) (Phellinus baomii) など100種に及ぶといわれています。 
よってこれらの紛い物が中国・北朝鮮・パキスタン・ウクライナ・カンボディア等で採取した自然
産メシマコブと言って販売されていることがあります。 
高い買い物をして逆に体に害を及ぼす可能性すらあります。 天然もののメシマコブはまず紛
い物と考えたほうが無難でしょう。
また加工商品の原料として天然メシマコブを使用などと標榜しているものもありますが、常識
的にありえることではありません。


                      野生メシマコブ

  ■液体培養、ポット栽培(メシマコブ菌糸体)とは ...

液体培養メシマコブ は大型タンクの中で3ヶ月ほどで大量生産されます。 子実体は形成され
ず、キノコというより菌糸体(菌糸のかたまり)というのが正確な表現です。 日本でよく知られて
いる韓国新薬の製品もこの菌糸体タイプの範疇です。 また、ポット(おが屑)栽培と呼ばれる
栽培法も同じく菌糸体水準のメシマコブです。  これらのタイプの特徴は短期間での大量生産
ができ、製造コスト軽減というメリットを生産者にもたらすところにあります。

メシマコブ菌糸体
メシマコブ菌糸体は小粒で、形は一様に丸く胞子層が形成されません。








 
  ■原木栽培(メシマコブ子実体)とは ...

天然メシマコブに対する研究は以前より広く知られていましたが、一方栽培メシマコブに関し
て韓国の大邱大学の生物工学科研究チームが1997年に 『原木栽培メシマコブの研究
を発表し、大きな関心と反響を呼びました。
現在、粉末・液状など様々なメシマコブ商品が市場に数多く流通していますが、それらの原料
となっているのはすべて培養ものか栽培ものの何れかです。 
しかしここで一つの問題が持ち上がっています。 子実体(キノコ)ではない、つまり厳密な意味
でメシマコブとはいえない菌子体を原料とした製品が、あたかも真正メシマコブのように流通し、
メシマコブそのものに対する不信感が高まっていることは否定できない実情であります。

メシマコブ子実体
メシマコブ子実体は大きさが大人の握りこぶしくらいであり、複雑な模様であります。 形も不定形であり、下部は絨毯のような胞子層が形成され、年数が経つほど表面は黒っぽくなり、組織は硬くなる特徴があります。






  ■“原木栽培メシマコブ ” を推奨します

原木栽培されたキノコは子実体が完全に形成され、その形態においてまた成分においても
自然のものとほとんど差異がありません。 子実体には、菌糸体には含まれていない他の成分
が栽培される桑や楢の原木に寄生、成長したものが含まれると言われています。

安心
韓国では子実体(キノコ)を煎じてエキスを摂取する人がほとんどで粉末、カプセルなどに加工
されたものは敬遠する人が大多数です。 それに反して日本ではいまだに加工商品が主流で
あります。 
商品化され粉末や液状になると、その原形を確かめることはできず、原料として
メシマコブ以外の安価な他のキノコの成分が混入されていたとしても判別できません。
その純度や製法、さらに原料であるメシマコブの出所や真偽性において信頼がおけない製品も
数多く存在します。 残念なことに医薬品と違い当局の健康食品に対する規制や監視が十分と
はいえず、悪徳な業者もある意味野放し状態で、健康食品の被害者が後を絶ちません。
原形を成したメシマコブの子実体(キノコ)そのものを自らで煮出して、そのエキスを抽出したも
のであれば確実で安心してお召し上がりいただけます。 

安価
商品化されたメシマコブ製品は相対的に高額であります。 短期間ならともかく、ある程度長い
期間にわたって摂取する場合にはかなりの経済的負担となります。 その点、メシマコブその
ものを煮出して召し上がれば、1ヶ月分(150g)の費用が10.200円 (1kg購入した場合) と割
安です。 自らで煮出すという手間さえいとわなければ、商品化されたものを購入するよりかな
り割安といえるでしょう。

   
              メシマコブ-u-50px      メシマコブ包装
             画像をクリックすると、拡大表示されます

サフラン heading vertical_line
asterisk-purple サフランmain  vertical_line
asterisk-purple サフランの栽培  vertical_line
asterisk-purple サフランのグレード vertical_line
asterisk-purple よいサフランの選び方  vertical_line
asterisk-purple サフランの使用法  vertical_line
asterisk-purple サフラン販売  vertical_line
asterisk-purple サフラン料理レシピ  vertical_line
高麗人参_紅参 heading vertical_line
asterisk-paleblue 高麗人参main vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参商品 vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参根 vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参精(エキス) vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参粉 vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参液(トニック) vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄紅参茶 vertical_line
asterisk-paleblue 正官庄飴・蜂蜜漬など vertical_line
生の高麗人参_水参 heading vertical_line
asterisk-blue 生の朝鮮人参(水参) vertical_line
asterisk-blue 朝鮮人参料理レシピ vertical_line
その他 heading vertical_line
asterisk-pink 紅なつめ(大棗)販売 vertical_line
asterisk-pink 韓参印 通販 vertical_line
asterisk-pink ギフト包装と熨斗vertical_line
asterisk-pink リンク vertical_line
asterisk-pink 相互リンク vertical_line
asterisk-pink   vertical_line
vertical_line
逸品堂はあなたのプライバシーを厳守いたします。弊社の Privacy Policy を参照してください。   リンクは こちら からご自由に!
 
日本免疫学会 会員  日本ホリスティック医学協会 会員  日本代替・相補・伝統医療連合会議 会員
All rights reserved, Copyright © IPPINDOU, INC. 2001-2017  無断複製・転載を禁じます。     免責事項